FXと脱税を考える

FX(外国為替保証金取引)の利益による脱税者が出続けるのは、いったい何故なのでしょう。
それはFX(外国為替保証金取引)が手持ち資金を証拠金として用意すると、数倍から数十倍の金額の取引が出来る事に起因しそうです。

これをレバレッジを効かすと言い、損益両方に作用します。

そしてもちろん儲け分には税金が掛かるのですが、それを巧妙に支払わない輩がいて税務署に御用となるわけです。
なにせ手持ち資金の数十倍もの金額を取引できるのですから、時にはとてつもない利益が生じます。

それによって金銭感覚が鈍ってしまい、脱税者が出やすくなるのです。

FX(外国為替保証金取引)の場合は、ほとんどの場合は取引会社のWebサービスを利用して行われます。
実際に銀行からお金をおろして支払うわけではなく、また窓口で受け取るわけじゃありませんよね。

結局電子決済になるので、画面上で数字が増えたり減ったりするだけ。
いわばマネーゲーム化してしまうことが多く、感覚が麻痺してしまうのでしょう。

最初は数百万円の資金が膨らみ、いつしか千万円単位になってしまうと、10倍のレバレッジなら億円単位で取引が可能になるのですから、金銭感覚がずれて脱税に走るのかもしれませんね。
実際にFX(外国為替保証金取引)で脱税して捕まる人の中には、あまり脱税した実感を持たない人も多々いるようです。

FX(外国為替保証金取引)にはスワップポジションによる金利と、為替差益により売買利益が発生します。
この利益に対してそれぞれ税金が発生し、所得として納税義務が発生します。

税金を納税するための確定申告は、毎年前年の1年分収入に対して行われます。
期間は2月16日から3月15日の間で、居住地を管轄する税務署へにて、FX(外国為替保証金取引)による利益も申告しなればいけないのです。

サラリーマンの場合には本所得以外に20万円を超える所得があれば、確定申告して税金を納税しなければいけなくなるので、FX(外国為替保証金取引)や株の取引をされている方は要注意です。

Yahoo!News

Copyright © FXと脱税, All rights reserved.